子猫の歯がかゆい よく噛むのは歯の生え変わりのサイン?

猫のしつけ方
スポンサーリンク

人間は6歳頃から歯の生え変わりが始まりますよね?実は猫ちゃんにも、乳歯から永久歯に変わる時期があるのをご存じでしょうか?

猫ちゃんの場合、だいたい生後3~6ヶ月位で生え変わります。この間に少しずつ乳歯が抜けていき、最終的には30本の永久歯が生えそろうことになります。

この記事では、子猫の歯の生え変わりのサインと、その時期に注意したいことなどまとめました。参考にしていただけたら幸いです。




子猫の歯の生え変わり時期のサイン

 

子猫, 歯がかゆい

子猫の歯の生え変わりの時期には次のようなサインがあります。

歯がかゆい なんでもよく噛む

人間の赤ちゃんも歯が生えてくると「歯固め」といって、おもちゃなどをよくかじったりしますが、子猫にも同じ事が起こります。

最近急におもちゃに噛みつくようになった。そんな場合は、乳歯が取れかかっていたり、永久歯が生えてきて歯がむずむずしてかゆいサインかもしれませんね。

子猫の口臭がきつくなった

実は歯の生え変わりの時期には、子猫の口臭がきつくなる場合があります。

というのも、歯の生え変わりの時期には乳歯と永久歯が口の中でせめぎ合っているような状態で、歯間に食べカスが残りやすい時期なのです。さらに、乳歯が抜けた時に出血したりと、口臭の原因になる要素が多くなってしまうためです。

健康な猫ちゃんの場合、出血しても5分程度で収まり、生え変わりが終わると口臭もなくなるので特に問題はありません。ただ、15分以上経っても出血が止まらなかったり、口臭が気になるようでしたら一度動物病院を受診しましょう。

また、場合によっては、乳歯が抜けないままで永久歯が生えてしまうことがあります。このような場合は、その後の歯周病につながるリスクがあるため、生え変わり時期を過ぎた生後7カ月頃にチェックしてみて、異常が見られる場合、早めに獣医さんに相談することをおすすめします。

子猫の乳歯を見つけられたら幸せになれる?

猫は、ほとんどの場合抜けた乳歯を飲み込んでしまいます。万が一、歯を飲み込んでしまっても、きちんと体外へ排出されるため心配ありません。飼い主さんは、乳歯の生え変わりが完了していることに気づいてないことも多いのです。

また猫の歯は大変小さく、ご飯を食べている時に一緒に飲み込んでしまったり、遊んでいる時に床に落ちてそのまま発見できなかったりなど、猫の抜けた乳歯を見つけることはとても稀なことです。

そのためか愛猫家の間では、子猫の抜けた乳歯を見つけられたら幸せになれるというジンクスがあるほどです。それだけ抜けた乳歯を発見できるのは、珍しいことなのですね。

今現在、もし子猫を飼っている方は、子猫の抜けた乳歯を探してみてはいかがでしょう?もしかしたら幸運のお守りになってくれるかもしれませんね。

管理人宅にも4か月の子猫がいるので、よーく観察してみます!

生え変わりの時期にこそ噛み癖を直そう

子猫の歯の生え変わり時期に見られる症状の1つに噛み癖があります。歯が生えてくる時期は歯がムズムズしてかゆいため、何かと色々なものを噛みたがる時期です。タオルやおもちゃならいいですが、特に飼い主さんを困らせるのが、電気コードを噛んでしまう子や、飼い主さんの指や足を噛んでしまう子などです。

この時に何もしつけをせずに放置すると、成猫になっても噛み癖が治らず、困ったことになる場合もあります。

子猫のうちに、噛んではいけないものと、噛んでいいものをしっかりと教えてあげることが大切です。

子猫の噛み癖の対処法についてはこちら↓の記事でも紹介しています。

噛まれないように、危険なものは対策が必要

この時期の猫ちゃんはなんでもカリカリ噛もうとしてしまいます。特に危険なのが、電気コードです。電気コードは噛みやすい太さなのか、子猫が噛んでしまい感電してしまうという事故も発生しています。

電気コードは猫の届かない場所に隠してしまうか、市販の電気コードカバーなどで、猫ちゃんが噛めないように工夫しましょう。

噛んでもいいおもちゃを与える

噛んでいいおもちゃを与えてあげましょう。例えば猫用の蹴りぐるみや猫ボール、タオルなどもいいでしょう。子猫の歯がかゆい不快感を少しでも解消して、ストレスを軽くしてあげたいですよね。

どうしても治らなければ市販のスプレー

猫ちゃんが、何度言っても危険なものを噛んでしまう。言うこと聞いてくれずお困りの方は市販のしつけ用スプレーに頼るのも一つの方法です。

猫の歯の生え変わりは1度きり

いかがでしたでしょうか?意外と知られていない猫ちゃんの歯の生え変わりについてご紹介しました。愛猫の貴重な乳歯を見つけた飼い主さんは、その乳歯をお守りとして大切に保管している方が多いそうですよ

愛猫の成長を喜びながら、見つけた乳歯をお守りにできたらステキですね!